アワビのイタリア料理
0

    ブカルッポ フェリーチェは、常にstagione(スタジオーネ) 季節のという意味。旬なものが出てきます。

    では、まず前菜から

     

    アワビのカルパッチョ2色のソース(アワビの肝と赤ピーマン)アンチョビとニンニク
    不思議なくらいの甘味と旨味があって驚きました。絶品!

    ワインが進みま〜す!(笑)オシャレな涼しげなガラスのお皿で・・

    「普通は、アワビの肝って苦いのだけどどうやったのですか?」

    北原シェフが、その秘訣をチラリ・・・ 

    アンチョビー と ニンニク にあるそうです。

    スパゲティ ペペロンチーノ(チベットの岩塩で)

    これも 旨い!どうりでファンが多い訳だ。


    冷製牛肉ローストのフルーツサラダ

    フルーツが可愛くて 酸味と甘みが牛肉とマッチして ゴウジャス!


    こんな素敵な料理にブカルッポ・フェリーチェで出会えると 1日 ルンルン気分ですね(⋈◍>◡<◍)。✧♡

    posted by: 副院長 | イタリア料理の巨匠 北原シェフの世界 | 19:30 | comments(0) | - |